ボストン美術館展〜その後〜

夕方自転車に乗っていたら、雨に降られました。
こんな日に限ってランドセル付きの息子が後ろにon。

小2にもなるとさすがに重いー。
タイヤがつぶれてるのは私のせいじゃないから!w

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

さて、再びボストン美術館展。
会期ぎりぎりにまた行っちゃったんです。

3度目は自分のために鑑賞してきました。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

五感、オープン。

陽の光に温められた藁の匂いが立ちこめてきたり
冷たい空気が漂ってきたり。
せせらぎの音を聞き、描かれた人物は脈打ち、
それらがそこに存在しているかの如く。

またもや新しい発見と感動との出会い。


さてその後。

工作教室で連れてきた子どものお母さん方が、
子どもたちが書いたボストン美術館展の日記を
作文集にまとめてくださいました!

…ホントに有り難いことです( ´;ω;`)ブワッ

その中からRちゃんの日記を紹介します。

「……そのつぎに、ボストン美術館展にいきました。
その中には、モネ、ゴッホ、ルノアールの絵がありました。
モネの絵は、やさしくて、明るい光でした。
ゴッホの絵は、たった今かいたような気がしました。
そして、今にもとび出してきそうなかんじでした。…」


。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚


じっと絵を見つめてた彼女が、こんなふうに
思っていたなんて。

大人がすべきは心に小さな石を投げてあげること。
それはあの日けやき坂通りで見た雨の波紋のように、
子どもたちの中に静かに広がっていくのでしょう。

その波紋が、今度は大きなうねりとなって
私の元に返ってきている、そんなふうに思えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「dot park」make.believe

小学校は今日からプール開き。
梅雨の晴れ間がいつまで続くかな。


ボストン美術館展の帰りのことです。

さて帰ろうか、というところにまたmake.believeですよ。
ソニーのお姉さんたちが「3D映像を見ませんか〜」
って、黒メガネを配ってます。

ちょっと見てみますか?

バイオハザードⅣの3D予告ビデオとか
いきものがかりの「ありがとう」3Dライブとか
3Dゴルフとか3D昆虫とかいろいろ。

ぽかーんと口を開けて見てる子どもたちの様子を
ソニーのお兄さんに撮影されて、この映像を
何かで使われるとかで承諾させられて署名したけど。

なんと!見てみたらこんなとこで使われてた!!



1分22秒のとこで3Dグラスを外してるのが息子。
ほんの1、2秒だけど (*´v゚*)ゞ

3Dグラスは持ち帰れるということで、お土産にしました。
あとは3Dテレビだなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボストン美術館展〜後編〜

前回のボストン美術館展の後編です。

美術館に入る前にした3つの約束。

 1、大きな声を出さないこと。
 2、走らないこと。
 3、床にある線より前に出ないこと。

これは子どもにも守ってもらいたい最低限のマナー。
みんな、大丈夫かな?((・(ェ)・;))


それからもうひとつ、子どもたちに話したこと。

「今から見る絵の中から、好きなのをひとつ見つけてね。
その絵を帰りに買って帰ります!」

「え〜っ!」「買っていいの〜!」「ホント!?」

ちっちゃいポストカードだけどね(;´▽`A``

何しろメインは小学2年生。
小さな課題は途中で飽きさせない工夫です。(;;;´Д`)ゝ

今回の展覧会は、レンブラント、ミレー、モネ、
ルノアール、セザンヌ、ゴッホ、ピカソなどの巨匠の
傑作を一度に鑑賞できる、贅沢で貴重な機会です。

なぜなら、通常多くは貸し出されないものですが
ボストン美術館展示棟の改修工事により、80点もの名品群が
幸運にも日本に貸し出されることになったのです。


。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚


さて、ぞろぞろと美術館へ。
たくさん子どもを連れた私はチケットチェックの人に
子どもたちに注意を払うよう言われました。

しかし!Σ( ̄ロ ̄lll)
驚いたことに、彼らはじっと絵に見入ってました。
400年も前の絵画に!

特に宗教画には釘付け。

「キリストはわるいひとだったの?」

「どうして生きかえったの?」

「天使ってほんとにいるの?」

あーあー、もう。

こんなことなら学芸員になるんだった。

モノトーンで直線と曲線だけの、
何が描かれているのか分からないピカソの絵。

「ここが髪の毛だと思ってみてごらん」
と言うと直ぐさま、「おんなのひとだ」って!

事前学習のために一度ひとりで見に来ていましたが、
私には女の人に見えるまで時間がかかったんですけど?

シスレーの点描画の前で「すごいすごい」と
しきりに関心し、近くで見たり遠くで見たりしてた男の子。

「ゆきがふっているのにあったかいかんじだね」
と言っていた女の子。


精魂込めて創られたものには誰しも心を奪われるもの。
これが本物の芸術の持つ力なんだ。

そうゆうわけで二度目のボストン美術館展では、
絵画ではなく子どものそんな姿に感動していました。


「わたし、すきなえが11まいあった〜」
「わたしは20まいもあって、どうしよう!」

ふふふ。課題にもちゃんと取り組んでるな。

そしてなんと!最初にした3つの約束を破る子は
誰ひとりとしていなかったのです!

帰りには1枚のポストカードを選ぶのに喧々囂々w
どうしても2枚欲しいと言う子もいましたが、
ここはお約束なので。みんな1枚ずつね。

息子が選んだのはモネの「睡蓮の橋」
なかなか良い趣味してるじゃない( ̄ー ̄)ニヤリ


今回の企画では私が思った以上に、
子どもたちがたくさんの発見をしてくれました。

正直、ここまで一生懸命に見てくれるとは
思いもしませんでした。

歴史的な名画との出会いが子どもたちの心に何を残したのか
計り知れませんが、感覚が開いている子どもの時代こそ
本物が必要なのだと改めて感じたのでした。

参加してくれた子どもたち、楽しい一日だったね。
ご協力いただいたお母様方、どうもありがとうございました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の工作教室〜ボストン美術館展〜

今日はヒーターを入れてしまいました。
運動会では冬物のジャケット着てました。

アツアツのラーメンかクリームシチューくらい食べたい。
そんなの未経験です。5月の末にもなって。


さて、今月の工作教室は趣向を変えて、
「ボストン美術館展」の鑑賞をしてきました。

参加してくれたのは9人の子どもたちと2人のお母さん方。
あいにくの小雨模様でしたが、六本木ヒルズへGO!!

午後から雨が強くなる予報が出ていたので
予定を変更してまずはヒルズ周辺の散策から。

けやき坂通りでアートを探そう!というテーマ。

Photo_4

写真が横向きですがι(´Д`υ)アセアセ

何しろデジカメがこの日を境に絶不調でして…
仕方なく携帯で撮影したのですが(A;´・ω・)アセアセ

雨の中の散策は人通りもほとんどなく、
撮影するに至ってはむしろ良い環境と言えました。

Photo_2

こんなふうにこの通りには多くの作品が点在していて、
その他にも私が気付かないようなものまで、
子どもたちはたくさんの発見をしてくれました。

そしてヒルズに入ると何やら人だかりが。
この日、「dot park」と題して
make.believe〜好奇心に出会おう〜というイベントが
アリーナを中心に開催されていました。

Photo_3

毛利庭園にはたくさんの黒い不思議な球体。

Photo_5

それぞれの球体には、何かを暗示するような、
考えさせられるような呼びかけの数々が。

Photo_6

「別の世界とつながる入り口だと思って、
穴をのぞいてみよう」

Photo_7

思いがけず遭遇した、好奇心をくすぐられるイベント。
晴れていたらさくら坂公園の滑り台で遊ぶところでしたが
それよりも遥かに良い時間を過ごせました。


おやこ休憩室で昼食。
ここも、実は小さい子向けの施設ですが、雨のため
ベビーカーで来るような赤ちゃんもほとんどいなくて
貸し切り状態でゆっくり休憩できました。


そしていよいよ「ボストン美術館展」へ。

長くなりそうなので、この続きは次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の工作教室

今日は母の日tulip
夕飯は長女がカレーライスを作ってくれました(定番w)

3人並んで「ママ、母の日おめでとうup
(ちょっ、それ違わない?)
と、鉢植えのカーネーションをプレゼントしてくれましたheart01

(*´σー`)


さて、4月の工作はもちろん、母の日のプレゼント
「カフェエプロンにデコレーションをしよう」

カフェエプロンといっても広げると大きいもの。
今回は椅子もテーブルも片付けて、床での制作。

Rimg1176

綿麻混の生地にアップリケやリボン、フェルトなどを
レイアウトしていきます。

エプロンを大きなキャンバスに見立てて、
絵を描くように縫い付けていくのです。

Rimg1177


手首を柔らかく動かすために、縫い物のような
手の動きには良い効果があります。

「縫う」という動きの他にも、例えば石鹸を手の中で
「回す」とか、蛇口を「ひねる」雑巾を「絞る」ような動きは
日常生活の中で少なくなってきました。

今はプッシュ式のハンドソープにワンタッチ水栓が当たり前。

「押す」という単純な動きは誰にも比較的容易に出来るため
バリアフリーとして採用されているわけで、
せめて家庭の中ではもう少し、
小さな子どもたちには手を使ってほしいと思います。

指先を器用に使うこと、手首を柔らかく動かすことは
力の加減を感覚的に習得し、脳の発達にも影響します。

Rimg1179

「おかあさん、ありがとうheart」って
今日はみんな、エプロン渡せたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四月の手仕事

四月の手仕事はこどもの日に向けて
「こいのぼりのモビール」

制作したのは吹き流しに鯉2匹のバージョン。

Rimg1188

ふわふわの羊毛に針を刺して形を作っていきます。
見よsign03この手の素早い動きimpact

Rimg1169

実は見た目よりも時間のかかるものなのです。

今回も、とても半日で完成できる内容ではないので、
一通り教えて残りは持ち帰って制作してもらうことに。

本当は2回講習にしたいところですが、
皆さんお忙しいのでそうゆうわけにもいかず…

1回来てくれるだけでもありがたいのです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

羊毛を重ねて鯉のボディを作っていくのですが
その経過も海老フライだったり、ゴマちゃんだったりcoldsweats01

昼食もそこそこで巻き巻きの行程でしたが、
なごやかで楽しい3日間でした。

Rimg1170

後日完成した作品を見せてもらったのですが、
とてもステキに仕上がってて感動でした〜shine

Rimg1171

こちら我が家の小さな兜のお飾り。
でかい桃太郎はけっきょく出さずじまい。

お天気のいいうちに片付けないとsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の制作

お天気に恵まれたゴールデンウィークsunでしたが
我が家はほとんど近場でウロウロしてました。

今日はどこいくの?明日はどこ?とお出かけをせまられ、
長い連休はお財布も体力も保ちません。
_ノフ○ グッタリ

ウロウロしたところは、みなとみらい、IKEA、
六本木、相模湖、地元のオリンピックに島忠…

心に決めていたブログ更新もできず(;;;´Д`)

そんなこんなでちょっと古めのネタから。
フェルトのブックカバー。

Rimg1069

サイパンに転勤になったSさんへのプレゼントpresent
ニードルを使ってフェルトに羊毛で絵をつけ、
さらに軽くフェルト化させたもの。

Rimg1071

彼女のおかげでこどもの工作教室を始めたこともあり、
感謝の気持ちを込めてshine
これは裏表紙。

そして久しぶりの草木染め。
コチニールとインドヤコウボクで染めたシルクのスカーフ。
こちらは親友T子の誕生日プレゼントに。


Rimg1100

私たちはお互いの誕生日が近いので、
年甲斐もなく毎年、ふたりで誕生会をしてるんです。
ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
今年は白金高輪のイタリアン「RistoranteTremeal」でbirthday

Rimg1101

注文したパスタコースは前菜盛り合わせ、サラダ、
パスタ、自家製パン、デサートにコーヒーがついて1,500円!

Rimg1103


話がそれましたが、
こちらは鯉のぼりのモビールfishfishfish

Rimg1185

これは5月の大人の手仕事にしたものです。
立体的なウロコがかわいいと、
けっこう評判よかったんですよーgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休みの工作

今日は土手の桜が一斉に咲き始めましたcherryblossomcherryblossomcherryblossom
とてもあたたかかったけどすごい強風で
せっかく咲いた桜が散ってしまわないかと心配think

さて。
先日手仕事に参加してくださった方の中から
「うちの娘にもぜひ作らせてほしい」
というご意見があがりましたlovely有り難いことですshine


制作するのは写真奥のロールケーキとマカロンです。

Rimg1097

そして春休みのある日、小学校を卒業したお嬢さんたち
4名が集まってくれました。

Rimg1122

最初は緊張しているのか、黙々と作業をしていた彼女たち。
全員中学受験をしてて、みんな賢そう〜coldsweats01

「おしゃべりしながら作っていいよ」
と声をかけたら、話始めたのはお受験のことでsweat01

おやつを食べるころからリラックスしてきたのか、
後半はひたすら恋バナheart01でしたdash

完成した作品good
みんなホントに上手でびっくり!

Rimg1132

中でも一番手先が器用なおがちゃんは、
作りたいものがあるので、家に帰って
ひとりでやってみる、と言ってくれました。

先生名利に尽きますshine

みんな、また遊びにきてね!
それからあんまり早く、大人にならないように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月の工作教室

今月は「トランスパレントペーパーの窓飾り」

Rimg1073

トランスパレントペーパーとは半透明のパリッとした紙で、
ツヤのある厚手のトレペとでもいいましょうか。

星の形に折ったり、ちぎって貼ったりすると
重なった部分が一色で作ったとは思えない濃淡がでます。

光にかざすとステンドグラスのような、
美しく幻想的な雰囲気をかもしだします。

「トランスパレントスター」
北欧やドイツでは冬の間、光が乏しくなるため
窓から差し込む光をトランスパレントスターで楽しみます。

Dsc02614

そんな特徴を生かし、今回はちぎり絵の制作をしました。

事前に下絵を描いてきてもらったので
この日は好きな色で、自由に貼付けていきました。

Rimg1075

ササッと終わらせて遊び始める子もいれば、
納得のいくまでじっくりと向き合う子もいます。

同じ色が重なってできるグラデーション、
違う色が重なってできる色彩に一喜一憂。

さて、仕上がりは?

Rimg1076

うんうん、みんな素敵heart04



色々な創作活動に♪【トランスパレントペーパー】10色500枚*14×14cm 色々な創作活動に♪【トランスパレントペーパー】10色500枚*14×14cm


販売元:こどもざっか

楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の手仕事

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、
雪の降りそうな寒さにガクブルの毎日。

そんな中、卒業式・謝恩会も無事に終わって
ホッと一息のmamizoです。


さて、今月の手仕事は「羊毛のスイーツ」
今回はマカロンとチョコレートケーキの制作。

Rimg1060

最初の生徒さんはお人形指導者のAさん。
見本より一回り大きく作ったチョコレートケーキ、
さすがの出来映えです(*^ー゚)bグッジョブ!!

Rimg1085

A様のおみやは池上「大國屋」のお団子と栗赤飯w
ここのお団子はとてもおいしくて、特大!

Rimg1082

ほとんどお持たせで、まったりと昼食w
Aさんありがと〜;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Rimg1084

んで。
2回目は4名の参加。

Rimg1090

途中経過はマカロンがどら焼きだったり
チョコレートケーキはイクラの軍艦巻きだったり
(ノ∀`) アチャー
大笑いして過ごした楽しいひととき。

Rimg1098

食後のデザートはタンカンのマフィン。
前日に長女が焼いてくれました。

Rimg1088

お忙しい年度末にも関わらず
参加してくださった皆様、ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2月のビーズ